脱走してたことは先生に話しても特に関係ないといった感じで

脱走してたことは先生に話しても特に関係ないといった感じで、もっとハムスターのことちゃんと勉強してみたいな説教…ストレスのせいで体調崩してると言わんばかり。

フンを調べて、注射をします。
それで環境を調えて様子を見て下さい。あれ、高級賃貸でも10万切るの有るのね。つまるところ皆に知って欲しかったのです。

で、薬などはなく帰ってきました。

次の日は少し動き出したのでかかりつけには行かず様子を見ることにしました。

二代目ハッピーが2週間足らずで死んでしまったショックでいろいろ調べて、悩んで悩んで三匹目の*ゆき*を迎えたのに…。

まだまだハムスターのことわかってないのかなぁ考えてる顔。

〜日記:かかりつけ受診に続く〜

|アパートメンツ三軒茶屋

あほほど買ってきました。

中古ビデオ。

DVDではなく、今さらながら中古ビデオです。

ゴールデンウイークってことで、近所のビデオ屋さんが、
映画をボートクするような価格(一本100円)で販売してたので、
これは買わないとと思い。

「棚ごと全部買ーたる!」って本気で思っていたんですが、
持って帰れないので、とりあえずリュックと両手で持てるだけ
買ってきました。

ウン億円もかけて、長い時間かけて、大勢の人ががんばって作った
汗と涙の結晶の作品が、

「100円」

です。

泣けてきます。

明日も行ってもう一回、明後日もいってもう一回、
山ほど買ってきます。

100本買っても一万円です。
アパートメンツ三軒茶屋

^フェニックス目黒

昨年から、不思議な光景をみる。
写真にありますように「鴨とあひる」。
鴨三匹(色からして男)とあひる一匹。
いつもつるんでいます!
時には待ち合わせさえするし、いたわりあって一回離れたのに、またわざわざ戻ってきたりもする。もちろん喧嘩もするけど、なぜか仲直りしていつも一緒。
アヒルは人がえさを与えてくれそうなところをいくつか知っているらしく、食事の場所に案内するけど、あまり食べない。食べると他の鴨に怒られたり・・・。
でもアヒルを中心に鴨たちの行動パターンは、決まってるようです。

鴨たちとアヒル(やろう三人衆とア・ヒールとわたくしたちは呼んでいまする)の声を妻は聞き取れるようになり、朝早朝でも夜中でも敏感に反応し、観察をしているようです。
彼らにも表情があるらしく、目つきも変わるらしい。
やろう三人衆とア・ヒールの話を聞くとなんだか幸せになれます。

こんな風に、わたくしたちも行かないといけないのかなぁー。
もちつもたれつ。おもろいなぁー。
観察は続く!・・・・・

今日で宮城・岩手の地震から1ヶ月、先日の雨で土石流が多発しているそうです。はやく皆様笑顔になってほしいものです。
フェニックス目黒

母が夜中救急車で運ばれた。

母が夜中救急車で運ばれた。
病院の看護士からの連絡。
内容は2点。
母の病状説明のために病院に行くこと。
母の内縁の夫が認知症でその内縁の夫の病院に付き添いで行くこと。
私は母の病院には翌日に行くと言った。
仕事休めなかったし。
緊急性はうすいと思った。
その内縁の夫の病院付き添いはとんでもない。
一緒に暮らしたことはない。
内縁の夫には娘がいる疎遠になっているらしいが。
そちらに連絡してほしい。三田レジデンス
私がなぜにゆえに。
その男の面倒みなくちゃいけないのだ。
私は義理の中ですし。
それはできないとことわった。
これまでに生活費の面倒を旦那に隠れて。
用意してきたのも。
貧乏な私の家ではかなりきついことなのだ。
母のことは心配だが。
これまでに入退院くりかえしていた慣れと明け方の病院からの電話で寝ていて頭がまわらなかった。
のと母に会えばまた金のくめんの話になる恐怖でいっぱいだった。
以前母は病院のlCUにいるのに6万円用意しろとわけわからないことを連発したのだ。母への思いはあるが今日明日どうのでないなら。
明日仕事の休みの時に病院行きたいのだ私は薄情なのかも知れない。

|ベースボールシャツ

 日本にも、学生向けの易しい譜面シリーズはあるんですよ。でも、易しくてツマラない、ジャズらしい緊張感に欠ける譜面も多い。というのは、わたしが学生の頃に感じたことなので、最近はそんなことはないかもしれないけれど。

 IJJAのこどもたちは、こういうシリーズの譜面を、それなりにこなせるようになってきたので、最近はベイシーの中でも比較的易しいものなども採り上げてきました。が、それもそこそこできてきたので、今回はGordon Goodwinの譜面を試してみました。曲はノリノリのシャッフルにアレンジされたWatermelon Man。ま、さすがにこれは無理だろうけどね・・・と思いながら。
 もちろん、難しい譜面なので、バッチリこなせている、というわけにはいかないのですが、何と言うか・・・それなりの味わいのある演奏ができていて、中には小学生もいるのに・・・Big Phat Bandの譜面できちゃうのか・・・うーん。恐るべき10代。 ベースボールシャツ